占いコラム

運気

2020.07.11

陽転するには

こういうことを続けていると、自分の「陽に向かう姿勢」のようなものができてきます。 そして、現実の方法論を見つけたとき、一気に陽転するというわけです。

この世には、陰と陽の性質があります。

理想的なのは、陰と陽の調和が取れた中庸という状態なのですが、体質的に中庸になっている人は少なく、どちらかに傾いていることが普通です。

 

体質的には「陰性」「陽性」という言い方をするのですが、これが生き方とか性格になると、ちょっと変わってきます。

陰の状態は、暗い、笑えない、消極的、否定的などですから、体型・体質には関係ないわけです。

ある部分だけ陰というのは、あまりなくて、最初はそうでも、やがて全体的にその状態に向かっていきます。

これを「陰転」と言います。

 

運が悪い人が、明るく積極的なことはありえないわけですから、陰転しています。

そうなると、ベクトルは右肩下がりになっていますので、何をやっても陰の状態になることになります。

そうなると、体温までも下がってきます。

成功者と握手をすると、痩せていても暖かいことに気付くと思います。

それは性格も、行動も、陽の状態になっているからなのです。

 

「陰転」の反対を「陽転」と言いますが、運気を変えるためには陽転させる必要があります。

時々、この話をすると「陽転できるように、頑張ります!」と意味不明に元気になって、帰ったら昨日までの生活を繰り返して、また陰転してしまう人がたくさんいます。

 

陽転させるためには、気持ちだけでは無理なのです。

なぜかと言いますと、慣れていないので、元の状態に戻る方が楽だからです。

陽転するためには。まず食べ物を変えましょう。

身体を冷やす食べ物はカットすることです。

 

次に、アクティブになることが大事ですが、これは軽い運動を取り入れることがよろしいでしょう。

苦しい運動は、楽しんでこなせば陽ですが、「苦しい」と思って毎日耐えていると陰になります。

やったり、やらなかったりするよりは、むしろ毎日午前中の決めた時間に散歩をしたり、体操をしたり、読経をすることが効果があると思います。

これはお釈迦さまが「行は苦行ではなく安楽行」と言われたことに通じています。

「続かない努力など意味がない」ということです。

 

歩くときは胸を張って、ちょっと遠くを見て、早足で歩きましょう。

この姿勢で歩くと、暗いことを考え続けるのは無理なことに気づきます。

暗いことを考えると、速度が落ちたり、姿勢が悪くなったりするからです。

ジョギングなら、もっと効果的です。

 

こういうことを続けていると、自分の「陽に向かう姿勢」のようなものができてきます。

そして、現実の方法論を見つけたとき、一気に陽転するというわけです。

武蔵野算命塾への鑑定のご依頼はこちら

運気 の関連記事